宅建ニュース

2018年2月6日更新

首都圏の年間平均賃料は上昇率が鈍化、東京都は5年ぶりに低下傾向 [2018.1.31]

不動産店の在り方を教えてくれる緑山鳩子の不動産日記 現地見学の必需品から瑕疵担保責任まで ON AIR中![2018.1.2]

2018年1月11日更新

平成30年の住まい領域トレンド予測、「職住近接」から「育住近接」へ変化 [2017.12.27]

注文住宅の建築費用は平均2,775万円、ZEH導入割合は2年連続で上昇 [2017.12.20]

2017年12月8日更新

平成29年7~9月の住宅景況感、総受注戸数・総受注金額ともにマイナス [2017.11.29]

住み替え・リフォーム検討者の「住まいの買い時感」、前回より0.4ポイント増加 [2017.11.22]

2017年11月8日更新

平成29年7~9月の埼玉県・千葉県における既存(中古)マンションの成約件数1,090件と13四半期連続で増加 [2017.11.8]

10月1日より開始されました賃貸取引に係るITを活用した重要事項説明の本格運用について [2017.11.8]

2017年10月4日更新

首都圏の新築一戸建て分譲住宅、平均成約価格は3,436万円、千葉県では2,717万円で4期連続上昇 [2017.9.20]

2017年9月4日更新

『住まいの買いどき感』調査(2017年6月度)によると「住まいの買い時と感じる」人は全てのエリアで前回から低下 [2017.8.23]

2017年8月2日更新

住宅ローンの金利タイプ別の構成比を見ると、前回(平成28年度第1回)と比べ、「全期間固定型」の利用割合は17.0%で、前回(13.9%)から増加した。 [2017.8.2]

2017年7月4日更新

平成29年1~3月の住宅景況感、総受注戸数・総受注金額ともにマイナス
総受注戸数・総受注金額ともにマイナス、一戸建て注文住宅では金額でプラスを維持。平成29年度の新設住宅着工戸数予測は92.3万戸、平成29年1月度から上方修正 [2017.6.7]

2017年6月5日更新

ファイナンシャルプランナーの67.2%が「平成29年度は買い時」
住宅取得検討者の52.8%、FPの67.2%が「平成29年度は買い時」と考えている [2017.5.17]

2017年5月9日更新

リフォーム潜在需要は50歳代が最多
リフォームの潜在需要、50歳代が最も高く、経験者ほど需要が高まる [2017.4.12]

2017年4月5日更新

平成28年マンション販売戸数、3年連続で減少
平成28年1~12月の間に全国で発売された新築マンションは7万6,993戸(前年比1.4%減)で首都圏の落ち込みもあり3年連続の減少となった。平均価格も下落し、㎡単価は上昇。 [2017.3.15]

2017年3月3日更新

住宅ローンの金利タイプ、変動型・固定期間選択型が増加
「変動型」の利用割合は38.7%から49.2%に、「固定期間選択型」も25.3%から36.9%に増加との調査結果でした。。 [2017.3.1]

正職員を募集します【一般社団法人 千葉県宅地建物取引業協会】
詳しくは上記PDFでの募集要項をご参考ください。 [2017.2.20]

2017年2月2日更新

分譲マンション平均賃料 首都圏4年連続上昇
首都圏における平成28年の年間平均賃料は、前年の2,618円/㎡から1.0%上昇し、2,646円/㎡となった。「東京都がけん引する形で年間平均賃料は4年連続で上昇したが、新築・築浅物件で賃料調整し始めた影響で、平成26年以降の上昇率は鈍化しつつある」とのことです。 [2017.2.1]

2017年1月10日更新

中古住宅購入時の心配ごとは「今後どのくらい住めるか」
中古住宅を買う場合、どんなマイナスイメージがあるかを聞いたところ「構造が心配」で、次いで「リフォームの価格が高い」「近所づきあいが心配」の順。これらを払拭するインフォメーションが大事です。また中古住宅を購入する時に何が心配かを聞いたところ「期間・どのくらい住めるか」が最も多く、これらの案内も重要と言えます。 [2016.11.22]

2016年12月5日更新

不動産会社を選ぶポイントは「写真の点数が多い」が最多
成約者にどのような店を選ぶかの判断基準を訊ねたところ「写真の点数が多い」80.7%(売買74.3%、賃貸84.5%)を第一位にあげた。 [2016.11.22]

住宅購入検討者の6割弱が「平成28年度下期は買い時」と考える
一般消費者に「これから半年は住宅の買い時だと思うか」と訊ねたところ「買い時だと思う」が58.5%を占めた。 [2016.11.16]

2016年11月7日更新

首都圏の2016年7~9月の中古マンション成約件数は6四半期連続で増加
特に東京都区部と千葉県では2ケタの増加となっている。 [2016.11.02]

仲介会社が独自に保証サービスを導入するケースが増加
中古住宅を安心して売買できる仲介会社の独自保証サービス概要。 [2016.10.16]

2016年10月5日更新

「住宅ストック循環支援事業」説明会開催
国の住宅リフォーム等への支援制度の説明会が全国主要都市で開催 [2016.10.5]

都心へのアクセス便利なエリアで人口が増加
「都心近傍エリアへの人口回帰が続く」と人口動態を分析 [2016.9.7]

2016年9月6日更新

首都圏中古物件成約件数が前年同期比で増加
中古マンション前年同期比4.9%プラス 中古一戸建前年同期比8.7%プラス [2016.8.19]

防災はもとより不動産情報としてのハザードマップ
いつでも見られるポータルサイトに情報を集約 [2016.8.17]

2016年8月1日更新

通信教育による新資格「不動産キャリアパーソン」誕生!
実際の不動産取引で活きる『実務』知識修得に重点を置いた資格 [2016.7.29]

国土交通省:「宅地建物取引業法の改正」について
法改正による今後の既存住宅取引についての解説 [2016.7.13]

2016年7月4日更新

約6割は「湿気によるジメジメ」が気になり、自分の湿気対策への満足度は約2割
20代~60代の女性500人に聞く、室内の湿気に関する意識と実態調査 [2016.6.29]

持ち家世帯の4割強にのぼる「時差家族」の負担軽減、住まいづくりにポイント
設備仕様それぞれで解決できる、住まいづくりのポイントを紹介 [2016.6.22]

既存住宅の市況トレンド-首都圏
中古マンションと中古戸建住宅の動きに違いがみられる[2016.6.15]

住宅ローンの借り換え、8割超が借り換え前後の金利差「1.0%未満」で実施
借り換え前後の“金利差”についての調査結果を発表 [2016.6.15]

2016年6月1日更新

住まいにおける女性の決定権、「キッチンまわりの機器やデザイン」が過半数
住まいにおいて妻の意見が強いのは「キッチンまわりの機器やデザイン」[2016.6.01]

金利低下の影響を受けて、「住まいの買い時と感じる」が2割弱に上昇
「住まいの買い時と感じる」人は19.3%、前回の16.0%から上昇 [2016.5.25]

20階建て以上の超高層マンション、平成28年以降に9万戸弱の完成を予定
全国で平成28年以降に完成予定の超高層マンションは、9万戸弱[2016.5.18]

2016年5月13日更新

DIY型賃貸借の理解を促進するために、ガイドブックで貸主・借主に手順を説明
DIY型賃貸借の普及のために、契約書式例やガイドブックを作成[2016.5.11]

リフォーム工事の平均契約金額、前年度より約130万円減少。「300万円以下」の割合増加
リフォーム工事の平均契約金額、前年度の756.7万円から減少し626.2万円に [2016.4.27]

平成28年4月以降半年以内の転居検討者の8割超、電力会社・契約先の変更意向あり
住み替え検討層の8割超が、電力会社や契約先の変更意向あり[2016.4.20]

2016年4月4日更新

一戸建てを建てる際は「耐震性」を重視、災害時に欲しい機能は「繰り返しの地震にも強い構造」
「『住まいの購入』『住まいのリスク回避』に関する調査報告」[2016.3.30]

関東圏の住みたい街ランキング、総合トップは恵比寿。5年連続1位の吉祥寺は2位
関東圏の住みたい街(駅)総合ランキング、トップは初の恵比寿 [2016.3.23]

首都圏の中古マンション、成約・新規登録とも「築31年以上」の割合が拡大
首都圏の中古住宅の成約物件、「築10年以下」と「築31年以上」の割合がそれぞれ拡大[2016.03.16]

2016年3月3日更新

「巨大地震が再度発生する」は8割超、「自分が巨大地震に遭う」は約7割で低下傾向
「自分が巨大地震に遭う」と思う人の割合は約7割、低下傾向に[2016.3.02]

平成27年の新築マンション供給戸数は前年より減少、三大都市圏の平均価格は上昇
平成27年の新築マンション新規供給戸数、8万9,869戸で「平成21年以来の低水準」 [2016.2.24]

住宅ローンの金利タイプ、変動型の利用割合が4割超に増加
住宅ローンの金利タイプ、全期間固定型が減少し、変動型が増加[2016.2.17]

2016年2月5日更新

平成27年7-9月期の民間住宅ローン新規貸出額は5兆1,541億円
民間住宅ローン新規貸出額、前年度同期比8.2%増の5兆1,541億円[2016.2.03]

新築マンションの供給、前年比で平成27年は減少、平成28年は増加の予測
平成28年の新築マンション供給、首都圏では前年比4.4%増の4.3万戸と予測 [2016.1.27]

住宅ローン借り換え、「変動型」「固定期間選択型」への変更が約4割ずつ
借り換え後の金利タイプ、「変動型」「固定期間選択型」がともに約4割[2016.1.20]

2016年1月6日更新

東京23区在住者、「都心プチ脱出を考えたことがある」が約5割。理由は「自然環境を考えて」
東京23区在住者の約5割が「都心プチ脱出を考えたことがある」、20・30・40代では約6割に[2016.1.06]

「事前に地盤の強さを知りたい」が9割超
マイホーム建築済・建築中の過半数が「地盤調査・調査結果について住宅会社から説明なし」 [2015.12.22]

子ども夫婦の4割近くが3世代同居を希望
36.5%が3世代同居を希望。「既に同居している」と合わせると46.4%に[2015.12.16]

2015年12月2日更新

同居・近居のきっかけは「結婚」が最多、近居のメリットは「孫の成長を見せられる」
同居・近居のきっかけは、最多が「結婚」、次いで「住宅購入」、「出産」[2015.12.02]

注文住宅・低層賃貸住宅の業況指数は、総受注棟数・総受注金額ともプラス
注文住宅は総受注棟数・金額ともプラスだが、今後の消費者の購入意欲低下に懸念 [2015.11.25]

住宅に関する電話相談は前年度比で約8%増加、専門家との対面相談は約37%増加
住宅に関する電話相談、前年度比で約8%増加。リフォーム相談は約3%増加[2015.11.18]

2015年11月5日更新

世界の都市総合力ランキングトップ3はロンドン、ニューヨーク、パリ。東京は4位
世界の都市総合力ランキングトップはロンドン、東京は8年連続4位[2015.11.04]

25~39歳のカップル・家族の引っ越しタイミング、半数が「結婚」と回答
持ち家50歳以上の「住み続け派」の約3割がリフォームや建て替えを検討 [2015.10.28]

話題の不動産キーワード:「ゼロエネルギーハウス」について
家庭の消費エネルギー以上のエネルギーをつくりだせる住宅[2015.10.21]

2015年10月7日更新

平成27年度下期は、購入検討者の約半数、ファイナンシャルプランナーの約6割が「買い時」
住宅購入検討者の約半数が「これから半年以内は住宅の買い時」と回答[2015.10.07]

持ち家50歳以上の「住み続け派」のリフォーム予算額390万円、「住み替え派」の予算額3,753万円
持ち家50歳以上の「住み続け派」の約3割がリフォームや建て替えを検討 [2015.9.30]

被災時の連絡手段、ソーシャルメディアが2年連続で増加し2割超に
7割超が、地震や防災の知識を「テレビ」から得ている[2015.9.24]

2015年9月4日更新

全国の新築マンションの駐車場設置率、最も低いのは東京都
新築マンションで最もポピュラーな駐車場の形態は、8割超が採用する「平面式」[2015.9.02]

マイホーム購入に伴う耐久消費財平均購入額、新築一戸建てで201万円
1年以内の耐久消費財平均購入額、新築一戸建てで201万円 [2015.8.26]

住宅ローン金利タイプ、3・4月に比べ5・6月は「変動型」が増加し4割弱に
5・6月は3・4月と比べ「変動型」が増加し4割弱に。「固定期間選択型」も増加[2015.8.19]

2015年8月4日更新

売りに出してから売れるまでの期間は平均8ヶ月、売却価格は平均2,536万円
売りに出してから売れるまでの期間は平均8ヶ月、マンションより一戸建ての方が長い[2015.07.29]

賃貸住宅に住む既婚女性、4人に3人が「住宅の機能性に不満点がある」
全体の約7割半、アパート居住者の約8割が「住宅の機能性に不満点がある」 [2015.07.22]

住宅の除却等が進まない場合、平成45年の空き家率は30.2%、空き家数は約2,150万戸に
平成45年の空き家率は30.2%、空き家数は約2,150万戸と予測[2015.07.15]

2015年7月3日更新

首都圏在住で住み替えを希望する人の約4割が、マンションへの住み替えを希望
首都圏在住の住み替え意向者、マンションでは約2割[2015.06.24]

「建物評価手法の改善」について
維持管理や補修が適切に行われた住宅が適切に評価される見直しを [2015.06.17]

住宅ローンの金利タイプ、変動型の利用割合が減少し固定期間選択型が増加
住宅ローンの金利タイプ、変動型が減少し、固定期間選択型が増加[2015.06.17]

2015年6月3日更新

「住まいの買い時と感じる」は18%、3四半期ぶりに上昇
住み替え・リフォーム検討者の4割超が「住まいの買い時」と感じている[2015.06.03]

一戸建ての平均価格、東京都では中古が新築を上回る“価格の逆転現象”
東京都の中古一戸建て平均価格、新築一戸建てを上回る“価格の逆転現象”[2015.05.27]

女性の約半数が「初対面で住んでいる場所を教えたくない」
「初対面で住んでいる場所を教えたくない」は42.2%、女性では49.0%[2015.05.20]

2015年5月13日更新

首都圏中古マンション・中古一戸建てともに成約件数は前年同期より減少
首都圏中古マンションの成約件数、前年同期比5.3%マイナスの9,460件[2015.05.13]

平成27年4月20日から「フラット35(リフォーム一体型)」の取り扱いを開始
中古住宅の購入資金+リフォーム工事資金を一体化した「フラット35(リフォーム一体型)」[2015.05.07]

全国の空き家古民家は約21万軒、修繕・リフォーム市場は約1.8兆円と推計
空き家古民家の修繕・リフォームに際する潜在的な市場規模、約1.8兆円と推計[2015.04.28]

2015年4月2日更新

首都圏の中古住宅、成約・新規登録ともに「築31年以上」の物件シェアが拡大
首都圏の中古住宅の成約物件、「31年以上」の割合が拡大傾向[2015.04.01]

中古住宅購入の場合、約半数が「入居前後にリフォーム実施」
若年層では「中古住宅を購入してリフォーム」の割合が多い[2015.03.25]

「理想のご近所付き合い」は、「すれちがった時に会釈」「挨拶を交わす」
理想のご近所付き合い、「すれちがった時に会釈をする」「挨拶を交わす」が同率1位[2015.03.18]

2015年3月5日更新

住宅ローン借り換え後の金利タイプ、「固定期間選択型」が約4割を占め最多
借り換え後の金利タイプ、最多は「固定期間選択型」[2015.03.04]

「フラット35S」の当初金利引き下げ幅が0.3%から0.6%に拡大
引き下げ幅拡大は平成27年2月9日に融資資金を受け取るものから[2015.02.25]

不動産キーワード:相続税の増税
基礎控除の縮小と最高税率引き上げなどで相続税の課税が強化される[2015.02.18]

2015年2月4日更新

「家が好き」「リフォーム・リノベーションの実施経験あり」ほど幸福度が高い傾向
今住んでいる家が好きな人の幸福度は約72%、嫌いな人では約19%[2015.02.04]

新築にこだわらない人の約7割が「中古+リフォーム」も選択肢として考える
「新築」または「中古」へのこだわり、約半数が「こだわりはない」[2015.01.28]

最大45万円相当のポイントが発行される「省エネ住宅ポイント制度」を創設
省エネ住宅の建築、購入、エコリフォームで最大45万ポイントが発行される[2015.01.21]

2015年1月7日更新

平成27年の景気、「回復」見込む企業は前年から半減
平成27年の景気見通し、「回復」見込みは前年から半減し13.4%[2015.01.07]

有職者の8割弱が、マンションの共用部を「サードプレイスとして使いたい」と回答
通勤時間の長短によって、サードプレイスに求めるものに差[2014.12.24]

不動産のトレンド用語、最も分からない人が多いのは「レインズ」
分からない人が多いのは、1位「レインズ」、2位「ホームインスペクション」[2014.12.17]

2014年12月3日更新

住宅維持への不安1位は「耐震」だが、7割弱が住宅の検査・診断「経験なし」
住宅維持に対する不安要因、1位は「耐震」[2014.12.03]

「買い時と感じる」のは約16%、理由のトップは「今後、消費税率の引き上げがあるから」
一般消費者のうち「買い時と感じる」のは16.4%、住み替え・リフォーム検討者では40.1%[2014.11.26]

中古一戸建て・中古マンションを検討する人の割合が増加
売買物件検討者のうち、中古物件検討者の割合が増加[2014.11.19]

2014年11月13日更新

「住宅リフォーム事業者団体登録制度」について
国土交通省の告示による住宅リフォーム事業者団体登録制度を創設しました[2014.11.12]
「住宅性能表示制度」への取組状況、一戸建て・共同住宅ともに半数弱の事業者が取得
首都圏中古マンションの成約件数、前年同期比マイナス9.0%の7,588件[2014.11.12]

住宅ローンの金利タイプ、5・6月に比べ7・8月は「全期間固定型」が減少、3割を下回る
「全期間固定型」の割合が減少、3割を下回る[2014.10.29]

2014年10月3日更新

外出せず家にずっといても平気な日数、「モチイエ女子」は「実家女子」「一人暮らし女子」より長い
「モチイエ女子」の15.4%が「1ヶ月以上外出しなくても平気」[2014.10.1]

住宅ローンの借り入れ先を自分で探した人は、紹介された人より金融リテラシーが高い
住宅ローンを自分で探した人のうち、1割以上が消費増税に伴い借り換えを実施[2014.9.24]

老後や健康が不安、約5割が認知症になったら老人ホームへの入居希望
約7割が「何かに不安を感じている」、具体的には「老後」や「健康」について[2014.9.17]

2014年9月8日更新

全国のマンション建て替え事例の約6割が東京都に集中
マンション建て替え事例の約6割が東京都に集中。特に渋谷区・港区に多い[2014.9.3]

マンションの年収倍率、新築は全国平均6.59倍に、中古も4.58倍に拡大
新築マンションの年収倍率、前年から拡大し全国平均6.59倍に[2014.8.27]

不動産キーワード:コンセプト型賃貸
コンセプト型で住まいが暮らしを楽しむ場に[2014.8.20]

2014年8月4日更新

平成25年度下半期の成約件数、賃貸・売買ともに「増加」との回答が過半数
成約件数は賃貸・売買ともに「増加」が5割超、成約賃料は「変化なし」が4割強[2014.7.30]

夏に「冷房・給湯」で使う電力消費量は、冬の「暖房・給湯」の約半分
冬の暖房・給湯で使う電力消費量は、夏の冷房・給湯の約2倍[2014.7.23]

賃貸住宅居住者の5割弱が「借主負担DIY型」賃貸借契約の利用意向あり
賃貸住宅のカスタマイズやリフォーム、「したいと思ったがあきらめた」が2割弱[2014.7.16]

2014年7月4日更新

平成25年度の首都圏における定期借家物件成約数、前年度比5.2%減の約6,500件
首都圏における平成25年度の定期借家物件成約数、前年度より減少し約6,500件に[2014.7.2]

住宅ローンの金利タイプ、変動型の利用割合が減少し全期間固定型が増加
住宅ローン金利タイプ、変動型の割合が減少し、全期間固定型が増加[2014.6.25]

50~60代の3人に2人が『終の棲家』に自宅を希望し、子どもとの同居は望まず
東京都に暮らす50~60代の約66%が『終の棲家』に自宅を希望[2014.6.18]

2014年6月4日更新

平成25年の中古マンション流通、各都市の中心部でシェアが高まる
平成25年の東京都の中古マンション流通シェア、世田谷区がトップ[2014.6.4]

トラブル事例集「借りるとき」:入居中の設備などのトラブル
住まいのトラブル相談室[2014.5.21]

2014年5月15日更新

首都圏の中古マンション、中古一戸建てともに、成約件数が過去最高に
首都圏中古マンション成約件数、2年連続で過去最高を更新[2014.5.15]

住宅関連企業の従事者、住宅ローンで「固定型と変動型のミックス」の利用意向が増加
今後1年の住宅ローン金利見通し、「現状よりも上昇」「現状と変わらない」共に約4割[2014.4.30]

注文住宅建築の検討において、夫はハード面、妻はソフト面にこだわる
注文住宅建築のこだわり条件、夫はハード面、妻はソフト面を重視[2014.4.23]

2014年4月21日更新

平成26年度は、購入検討者の7割超が「買い時」と回答。今後の消費税率引き上げが理由
平成26年度は、ファイナンシャルプランナーによると「どちらかと言えば買い時」[2014.4.16]

平成25年の新築分譲マンション平均購入価格、首都圏・関西圏とも調査開始以来最高
首都圏新築分譲マンションの購入価格、平均4,168万円で調査開始以来最高に[2014.4.2]

耐震診断依頼者の年齢は平均66.13歳、60代以上が約75%
耐震診断依頼者の年代と住宅の築年数は比例、耐震性は反比例[2014.3.26]

2014年3月7日更新

「フラット35(買取型)」が建設費・購入価額の10割まで借り入れ可能に
10割融資は平成26年2月24日に融資資金を受け取るものから[2014.2.26]

平成25年のマンション化率、全国平均11.94%。8.4世帯に1世帯がマンション住まい
都心3区(千代田区、中央区、港区)はマンション化率70%超[2014.2.19]

「不動産は買い時だと思う」は6割強、7割弱が「東京五輪により価格が上がる」と回答
「買い時」感は高水準、理由は「住宅ローンの金利が低水準」「物件価格が上がる」[2014.2.12]

2014年2月7日更新

築20年超の新耐震基準住宅、約9割が現行の耐震基準に不適合
平均耐震補強費用は、旧耐震基準建物で177万8,068円、新耐震基準建物で122万4,967円[2014.2.5]

平成25年度上半期のフラット35利用者、50歳以上の構成比が上昇
利用者の年齢、50歳以上の構成比が上昇[2014.1.22]

平成26年のマンション供給、首都圏・近畿圏とも前年並みとの予測

平成26年のマンション供給、首都圏では前年並みの5.6万戸と予測[2014.1.15]

2014年1月8日更新

団塊世代の定年後の暮らしは「隠居」ではなく「縁居」と予測
定年を迎えた団塊世代が求める暮らしは『隠居』から『新たな縁を創る』スタイル」へ変化[2014.1.8]

「住まいのチョットした手直し」を妻の約4割が実施
「奥様の自宅の修繕に関する調査報告」を発表[2013.12.25]

子育て世代・シニア世代の3人に1人が住み替え先に低層マンションを希望
理由は「震災時の避難に安心、安全」[2013.12.11]

2013年12月5日更新

マイホーム購入後の近隣への手土産ランキング、トップ3は「お菓子」「タオル」「洗剤」
「妻から見た住まい購入に関する意識調査 ご挨拶編」の結果を発表[2013.12.4]

トラブル事例集「買う」:売買契約締結前に売り主が鍵を紛失
住まいのトラブル相談室[2013.11.20]

スマートフォンでの物件検索、前年より大幅に増加し20代では過半数に
「不動産情報サイト利用者意識アンケート」調査結果を発表[2013.11.20]

2013年11月11日更新

家族の時間、お金、意識の重心を子供に置く「子供信託家族」
博報堂生活総合研究所は、このたび「日本の家族25年変化」平成25年の調査・分析結果を発表[2013.11.6]

今後の消費税率引き上げによって、3割超が「購入時期を早めた」
「不動産流通業に関する消費者動向調査」<第18回(2013年度)>の調査結果報告書(概要版)[2013.10.23]

平成25年7~9月の首都圏中古マンション成約件数、8期連続で前年同期を上回る
東日本不動産流通機構が「首都圏不動産流通市場の動向(2013年7~9月)」を発表

2013年10月3日更新

シニアライフに向けての住み替え、9割強が「満足」
住み替えた人の90.3%、リフォームした人の86.9%が「満足」
「シニア世代の住まいに関する意識調査」の結果[2013.10.2]

「全期間固定型」が大きく減少、直近一年で最も低い割合に
「民間住宅ローン利用者の実態調査 金利タイプ別利用状況(2013年5月・6月期)」を発表[2013.9.11]

平成25年度の全国の住宅供給計画戸数、前年より増加29.5万戸の見込み
全国の主要企業を対象として5~6月にアンケートを実施[2013.9.4]

2013年9月3日更新

「一生賃貸派」と「持ち家派」、年収に大差なし
20~40代子持ちサラリーマンの『一生賃貸派と持ち家派』の意識調査[2013.8.28]

マンションの年収倍率、新築・中古ともに拡大し、前年より買いにくく
都道府県別 新築・中古マンションの年収倍率2013[2013.8.14]

平成25年上半期の新築マンション供給、首都圏・近畿圏とも前年同期より増加
平成25年上半期の首都圏新築マンション供給、前年同期比17.1%増で2万4,299戸に [2013.8.28]

2013年8月2日更新

住宅ローン金利、今後1年間の見通しは「現状よりも上昇する」が過半数
平成24年度 民間住宅ローン利用者の実態調査【民間住宅ローン利用予定者編】[2013.7.24]

マイホームに伴う耐久消費財平均購入額は、1世帯当たり平均45.5~155.1万円
「住宅取得に係る消費実態調査(2012年度)」の結果[2013.7.10]

人生設計が「ある」夫婦の住宅購入希望額は平均3,665万円、「ない」夫婦と556万円の差
結婚3年未満の人に聞く『新婚夫婦の人生設計とお金事情』調査[2013.7.3]

住宅ローンの金利タイプ、今年に入って「固定期間選択型」「全期間固定型」が増加
民間住宅ローン利用者の実態調査 金利タイプ別利用状況[2013.6.26]

2013年7月1日更新

住宅関連助成など 平成25年度制度に更新
住宅を買う、建てる、借りる、あるいは改修(リフォーム)をする際に、自治体から受けられる主な住宅関連の助成について調べられます。[2013.6.19]

子どもの医療費助成など 平成25年度制度に更新
子育てにかかる負担軽減のための助成のうち、児童手当、医療費助成について調べられます。[2013.6.19]

フラット35利用者の世帯年収「400万円未満」が増加、総返済負担率は低下り
住宅金融支援機構「平成24年度フラット35利用者調査報告」結果[2013.6.19]

家賃が上がっても欲しい設備・サービスは「24時間ゴミ出し可能」「宅配ボックス」「防犯カメラ」
「第6回首都圏賃貸住宅市場における入居者ニーズと意識調査2012-2013」の結果[2013.6.5]

2013年6月5日更新

中古住宅に決めた理由は「価格が適切」、住宅ローンの返済負担率は過去5年で最低
国土交通省が公表した「平成24年度 住宅市場動向調査報告書」[2013.5.29]

注文・分譲住宅購入者の住宅ローン年間支払額・返済負担率ともに過去5年間で最低
国土交通省が公表した「平成24年度 住宅市場動向調査報告書」[2013.5.22]

トラブル事例集「売るときのトラブル」:悪徳商法等[2013.5.15]

平成24年度の首都圏中古マンション成約件数は過去最高、成約価格は2年連続で下落
東日本不動産流通機構(東日本レインズ)が公表した「首都圏不動産流通市場の動向(2012年度)」[2013.5.8]

2013年5月7日更新

公認 不動産コンサルティングマスター
高い専門性と信頼性を確保。[2013.4.17]

平成24年に成約・新規登録した首都圏の中古住宅、築30年を超える物件が拡大
東日本レインズは平成24年「築年数から見た首都圏の不動産流通市場」を発表。[2013.4.17]

平成24年の新築マンション購入者の4割超が共働き、首都圏では地震対策への関心高まる
リクルート住まいカンパニーは「2012年首都圏新築マンション契約者動向調査」及び「2012年関西圏新築マンション契約者動向調査」を発表。[2013.04.03]

2013年4月1日更新

消費税特集
消費税の税率引き上げが1年後に迫りました。住宅の売買やリフォームの際に影響する「消費税」についての特集です。[2013.4.1]

震災後に行った対策は「地震後の備え」が多い
日本木造住宅耐震補強事業者協同組合が「耐震診断受診者の意識に関する調査データ」を発表。[2013.3.27]

立地、建物、設備、備蓄、意識レベルでチェック
東日本大震災後、消費者の防災に関する意識が高まり、新規に供給されるマンションの防災対策も急速に進化。[2013.3.19]

首都圏の賃貸物件、初期費用・賃料が下落傾向で成約数増加
アットホームが「首都圏の居住用賃貸物件(2012年1年間)」を発表。[[2013.3.19]

マンション購入時に検討数は「3物件以内」が過半数、「決め打ち買い」が進む
読売広告社都市生活研究所が「マンション契約者600人調査 2013」の結果(一部)を発表。[2013.3.13]

二世帯住宅についての関心度調査レポート
住宅購入検討者の約6割が「二世帯住宅に興味あり」、資金の分担割合は理想と実態にギャップ。[2013.3.6]

2013年3月5日更新

認定低炭素住宅
高い省エネ性能と低炭素化措置を兼ね備えた住宅を認定する制。[2013.2.20]

分譲マンションの平均賃料、首都圏・近畿圏で前年より下落。中部圏では底ばい推移に
首都圏の年間平均賃料は前年より下落、東京都も下落するも下落率は年々縮小。[2013.2.13]

平成24年の首都圏中古マンション成約件数、3年ぶりに増加し過去最高
東日本不動産流通機構は「首都圏不動産流通市場の動向(2012年)」を発表。[2013.2.6]

2013年2月4日更新

消費税増税前に買いたいのは住宅。税の負担を軽減したいから
旭化成ホームズ(株)はこのたび、「2013年の消費意欲と住宅需要に関する意識調査」の結果を発表。[2013.1.30]

「免震建築物」購入時のコストUP、マンション購入予算の約6~11%が許容範囲
(株)ブリヂストンはこのたび、「建造物の地震対策に関する意識調査」の結果」の結果を発表。[2013.1.16]

2013年の不動産業行政について
国土交通省不動産業課にて本年重点的に取り組むべき主要施策を紹介。[2013.1.9]

住宅ローン、「変動型」が増加、「全期間固定型」「固定期間選択型」は減少
住宅金融支援機構はこのたび「平成24年度 民間住宅ローン利用者の実態調査【民間住宅ローン利用予定者編】(第2回)」の結果を発表した。[2013.1.9]

2013年1月7日更新

「不動産は買い時」は24.2%、「持ち家派」は84.4%を占める
「不動産の日アンケート-住宅の居住志向及び購買等に関する意識調査-」の結果。[2012.12.26]

見守りサービスへの加入割合は1.0~3.5%だが、過半数が今後の加入に肯定的
「緊急通報・安否確認システムによる高齢者の見守りサービスに関するニーズ調査結果」。[2012.12.19]

スマートハウスの認知率は87.3%に増加
「2012年注文住宅動向・トレンド調査」の結果。スマートハウス化の追加許容コストは240万円台。[2012.12.12]

2012年12月3日更新

ホームページ活用がさらに重要に!物件検索後5割超が店舗訪問
物件検索後72.5%が不動産会社に問い合わせ、そのうち79.7%が実際に訪問とのこと。サイト運用に注力を![2012.11.07]

駐車場費用・・・が戸建て購入の重要な動機付けに!
一戸建てにした理由は「駐車場が無料」、マンションにした理由は「交通アクセスの良さ」。将来的なコスト節減が大きな魅力。[2012.11.14]

2012年11月1日更新

約2割が住宅購入に「親からの贈与」を利用
首都圏1都3県対象、「不動産流通業に関する消費者動向調査」。[2012.10.17]

30~40代の既婚女性、住まい選びのこだわりは「収納」「キッチン」「広いリビング」
不安は「ご近所との人間関係」「地震(震災)関連」「お金」「地域の治安、防犯」。[2012.10.10]

リフォームの際、8割近くが管理会社に見積もり依頼することを想定
リフォーム費用は「安くすませたい派」と「こだわり重視派」がほぼ半々[2012.10.3]

2012年10月2日更新

一戸建て注文住宅の建築費は、住宅取得費は昨年度から減少
一戸建て注文住宅の世帯主は平均41.2歳、「建て替え」は昨年度から増加し約30%。[2012.9.26]

耐震診断依頼者の約75%は60歳以上、新耐震基準建物でも約84%は耐震性に問題あり
診断依頼者の年代とともに平均築年数も上がるが、39歳以下は比較的古くなる。 [2012.9.19]

不動産価格指数(住宅)の公表について
平成24年8月29日より、年間約30万件の住宅・マンション等の取引価格情報をもとに、全国・ブロック別・都市圏別に毎月の不動産価格を指数化。[2012.9.12]

4~6月の新築一戸建て住宅、平均契約価格は前年より上昇、契約率は20%を下回る
新規販売戸数・契約戸数は前年より増加するも、契約率は20%を下回る。[2012.9.5]

2012年9月3日更新

国土交通省が提供する「不動産価格指数(住宅)」を掲載
安心・安全な不動産取引をサポートする総合情報サイト。[2012.8.31]

住宅ローンの希望の金利タイプは「全期間固定型」が増加、「変動型」が減少
「平成24年度 民間住宅ローン利用者の実態調査【民間住宅ローン利用予定者編】(第1回)」の結果を発表。 [2012.8.31]

二世帯同居のメリットは、親・子世帯ともに「助け合い」や「交流」
二世帯の関係が良好な空間・ストレスに感じる空間は、ともにリビング、玄関が上位に。[2012.8.29]

住宅関連助成など 平成24年度制度に更新
住宅を買う、建てる、借りる、改修する際に、自治体から受けられる主な住宅関連の助成について調べられます。[2012.8.15]

2012年8月2日更新

高齢期の住み替えは利便性・安心安全を求めダウンサイズ傾向…
高齢者世帯の住み替えの実態や今後の住み替え意向、住み替えを支援するリバースモーゲージの認知度や印象を把握 [2012.8.1]

「カスタマイズ賃貸」や「DIY賃貸」が登場
賃貸といえども、住む人の好みで手を加えたいというニーズがある。[2012.7.25]

子育てのための理想の住みかえ先、59.7%が「郊外」を希望
「子育て世代の“住みかえ”に関する意識調査」の結果を発表[2012.7.4]

■ 会員の方
法律相談、毎月第4金曜日の午後3時~午後5時まで(1人あたり30分間の予約制)
松戸支部事務局において、電話予約にて受付ております。又、緊急でご相談されたい場合は、三好法律事務所へ電話相談が可能です。その場合は松戸支部事務局にご連絡下さい。

2012年7月2日更新

住宅に関する電話相談、前年度比で16%増。専門家との対面相談は44%増
住宅に関する電話相談、前年度比で住宅の不具合は56%増、リフォーム相談は32%増 [2012.6.27]

不動産キーワード:一戸建ての免震・制震構造
一戸建ての耐震性について、その基本から最先端の制震・免震構造まで含めて解き明かそう。[2012.6.20]

注文住宅での同居・二世帯暮らし、概ね満足している人が86%
住まい計画時の「同居家族との交流」「世帯の独立性」両方の考慮が、満足度を高める [2012.6.20]

中古住宅・リフォームトータルプランについて
中古住宅・リフォームトータルプランについて。中古住宅流通市場とリフォーム市場の整備・活性化のため講ずべき施策を取りまとめ [2012.6.13]

2012年6月2日更新

マンション年収倍率は新築・中古とも拡大、前年より買いにくく
都道府県別 新築・中古マンションの年収倍率2011」を発表 [2012.5.30]

不動産広告の「徒歩圏」は10分まで、「築浅」は5年までとの認識が最多
一般消費者向けに実施した「不動産広告に関するアンケート」の調査結果 [2012.5.16]

不動産取引情報提供サイト(以下「RMI」)がリニューアルされました
消費者が相場観を適切に把握し、安心して不動産取引を行える環境の整備を推進する観点から開発 不動産取引情報提供サイト [2012.5.9]

2012年5月10日更新

不動産取引情報提供サイト(RMI)のリニューアル
安心・安全な不動産取引をサポートする総合情報サイト~物件選びからトラブル対応まで [2012.5.9]

首都圏中古マンション・中古一戸建て、築年数が古い物件の取引が拡大
東日本レインズは、首都圏における平成23年度の不動産流通市場の動向をまとめました [2012.5.8]

自己資金比率は中古住宅41.1%、リフォーム住宅90.0%と過去5年で最高
国土交通省が発表した「平成23年度 住宅市場動向調査報告書」のについて紹介します。 [2012.4.18]

2012年4月3日更新

平成23年の新築マンション契約者、4割超が中古住宅も検討
2011年首都圏新築マンション契約者動向調査」及び「2011年関西圏新築マンション契約者動向調査」 [2012.3.28]

マンション購入時のこだわりポイント、「耐震性」「災害に強い」が上昇
「第16回マンショントレンド調査」 の結果を発表 [2012.3.21]

マンションの新たな管理ルールの検討について
マンション管理の現状と課題を把握し、適正化のための新たな管理ルール作りの検討を開始 [2012.3.14]

「お部屋を探す際の“あきらめ”度合い調査」の結果を発表
「部屋探しにあきらめ必要」は46.0%、あきらめる条件トップは「最寄り駅からの距離」 [2012.3.7]

2012年3月6日更新

「賃貸住宅標準契約書」を改訂、原状回復費用の分担・条件等を明確化
貸主・借り主間のトラブル未然防止のため、条項を追加・新設[2012.2.29]

消費税引き上げ 「購入計画に影響を受ける」と回答
消費税引き上げで「購入計画に影響を受ける」が58.0%。うち「引き上げ前に購入」が45.6% [2012.2.15]

東日本大震災後、耐震補強工事の「実施率」及び「予算100万円以上」が上昇
日本木造住宅耐震補強事業者協同組合「木耐協 耐震診断 調査データ」を発表[2012.2.8]

Go To Top