家を借りる・貸す時

マイルーム探しと貸す場合の知識

アパートやマンションを借りる場合や自宅を転勤などで短期間貸したいちいったケースについても、ある程度の知識が必要です。

不動産の賃貸も、法律(宅地建物取引業法)による決まりがありますし、快適に生活するためにも、「借りる」「貸す」に関してのチェックポイントがあります。

【1】「借りる」場合の条件整理

希望条件を明確にしておく必要があります。
1. 月々の賃料・管理費等はいくらか     
2. 敷金・保証金・礼金といった一時金の予算は
3. 通勤・通学に要する時間は
4. 間取り・広さは
5. 周辺環境は
などを整理してみてください。

【2】一時金の性格

一時金は、地域によって、商慣習が異なりますが、敷金・保証金・礼金等です。
敷金は預り金で賃借人の退去のときに戻ってくる性格のお金ですが、退去の際、借主の
責任に帰する住居の損傷などがあれば修繕費用として差し引かれることがあります。
保証金の場合は、預り金の性格を持ちますが、退去の際、償却されるケースがあります。
礼金は、賃貸借契約締結に際し、借主から貸主に対し、お礼の意味で支払われることのある金員で、退去の際、戻らない。

【3】情報収集と業者選択

情報誌に目を通して相場を知ることも重要ですが、最も情報をもっているのは、地元に密着した仲介業者です。信頼の「ハトマーク」のお店どうぞ。 

【4】現地に足を運び部屋をチェック

必ず現地に足を運び、通勤や通学の時間を調べて下さい。
この時、周辺の商店、飲食店の様子、開店・閉店時間もチェックしたいものです。
部屋も自分の生活時間、趣味等を考えて、選ぶことが大切です。

【5】賃貸住宅も重要事項説明を受けて契約を

賃貸住宅を借りる場合も、宅地建物取引士が、重要事項を説明し重要事項説明書を交付した後でなければ、契約締結はできません。

【6】自宅を短期間「貸す」場合の知識

転勤などで、自宅を期限付きで貸さなければならない場合があります。
このケースでは、仲介業者に依頼して「不在中の期限付建物賃貸借契約」で賃借人を斡旋(仲介)してもらうことになります。

ここで重要なのは、転勤の間だけの賃貸ですから、期限を確実に守ってもらう契約内容にしなければなりません。その分、賃料も相場より低くするなどの工夫が必要となります。
また、賃貸人の募集という仲介業務と併せて、家賃の集金といった管理業務を委託したほうがスムーズにいく場合が多いようです。

家賃収入は、不動産所得になりますので、所得申告が必要になります。

【7】公的住宅ローンはどうなる

自宅を期限付き賃貸に出す場合、住宅金融公庫、年金などの公的住宅ローンはどうなるのかの問題がありますが、転勤などのケースでは救済措置があります。会社からの転勤証明書を提出すれば、融資はそのまま継続されます。

Go To Top