STEP2 長い目で見た資金プランを

マイホーム購入で最も重要なのは、資金プランです。
高額になりますので、住宅ローンを組んで、長期にわたり返済することになります。
まず、必要なのが、頭金(自己資金)です。

自己資金の調達可能額によって、購入できる物件価格も決まりますし、借入金額、毎月の返済額も決まります。

ローンの返済方法によっても、毎月の返済額は変わります。
また、忘れてはならないのが、購入時の諸費用(一時金)や購入後の維持管理費、税金です。

【1】頭金は購入価格の2割以上が原則

頭金はいくら必要なのでしょうか。
一般的に民間金融機関は融資の限度額を担保物件の評価額の80%に設定しているケースが多いようです。頭金以外はローンに頼ることになりますが、ローンの返済能力にあわせた頭金が必要で、20%以上と思って資金計画を組むのがベターでしょう。

【2】返済負担は小さく

年間返済額の目安はおおよそ年収の20~25%です。
公庫などでも必要最低月収を毎月返済額の5倍以上と定めています

【3】返済方法

元金均等返済 / ゆとり(ステップ)返済 / 固定金利型 / 変動金利型等がある。

【4】諸費用

登記に関わる費用、ローンの手続きに関わる費用、税金、保険料などの費用。引っ越し費用、インテリア、家具、家電製品購入など。
仲介物件では仲介手数料  中古ではリフォーム費用。 一般に、
新築では購入価格の2~5%
中古では購入価格の5~10%

Go To Top