STEP2 「売り」のシステムを知っておこう

住宅や土地などの不動産を売却する場合は、専門家である仲介業者に依頼するのが一般的です。

仲介業者は、プロとして、法律に則り依頼された物件の成約に向けて営業活動をします。ひとつの業者に依頼すれば、広域に物件情報が流れる流通機構も整備されています。
スピーディーに成約させるために、「売り」のシステムを理解しておきましょう。

【1】どの媒介契約を選ぶか

媒介契約には、次の3種類があります。
1. 専属専任媒介契約
2. 専任媒介契約
3. 一般媒介契約   明示型と非明示型 

【2】

業者が価格について意見を述べる時は、「合理的な根拠」を示して説明しなければなりません。

【3】

専属専任媒介契約、専任媒介契約を結ぶと、依頼された業者は「建設大臣指定不動産流通機構」に情報を登録することを義務付けられています。 

Go To Top