STEP1 買い替えはタイミングが重要

買い替えは、住んでいる自宅を売却して、新居を購入するという2つの作業を同時にしなければなりません。資金的にも、売却した物件の資金を新たに購入する住宅の頭金の一部に充当する場合、いくらで売れるか問題ですし、新居は決まったが、まだ売れない、といったケースもあります。
買い替えには、「売り」と「買い」のタイミングが重要です。

【1】綿密な資金計画を立ててみよう

買い替えを成功させるには、綿密な資金計画が重要です。

【2】売却価格はこうして決まる

自分の家がいくらで売れるかは、市場環境によって大きく変化しますし、売却側の事情によっても変わりますので、正確に予想することは困難です。
●中古住宅の価格
1. 希望価格   希望者の売りたい価格
2. 査定価格   業者が価格査定マニュアルなどによって査定した価格
3. 売出価格   売却希望者と業者が話し合って市場に売りに出す価格
4. 成約価格   実際に売れた価格
買い替えを計画したら、希望価格で資金計画を立てずに、業者に査定してもらうことが成功の第一歩だと考えて下さい。

【3】「売り」と「買い」のタイミングを合わせる

買い替えで最も重要なのことは、「売り」と「買い」のタイミングです。
自宅の売却には時間的余裕をみて
新規の購入物件の契約書に「買い替え特約」をつけて、売却が不調になった場合、契約は白紙解除され、手付金は返却されます。

Go To Top